ブライダルローン審査で使い道は聞かれる?

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品

ですから審査に落ちてしまったらお金は借りられません。

ブライダルローンというものは、低金利で数百万ものお金を融資してくれるわけですからカードローンよりも厳しい審査になることは避けられません。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

又、過去に自己破産を経験していたり複数から借り入れがある人は要注意です。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが信用情報自体が記録されていないので落とされる可能性はあります。

ブライダルローンを申し込む際の必要書類は申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態といった勤務状況を融資条件にしている所も多く勤務先や勤務形態などが記載された勤務証明書が必要になる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場などの請求書や見積書も必要です。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローンの対象外になることがありますから、支払う前によく確認することが大切です。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーをとって融資を受けた金融機関に提出することも必要です。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており次点で400万円から500万円(12.4%)、その次が350万円から400万円(10.9%)となっています。

相場の平均は調査した専門誌などによって多少のばらつきがありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚に必要な費用は挙式や披露宴のほかにも新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「さずかり婚」の場合だと、出産費用や乳児用品の購入費も必要となりますのでプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

みずほ銀行多目的ローンというローンがあります。

最大融資金額が300万円、最長返済期間が7年というもので多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、更に低金利な変動金利も選択することができます。

また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人は更に年0.1%の金利引き下げとなります。

勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。

ブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のようにブライダル専門のローンを用意している銀行もありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンでは式場と提携しているケースが多く、指定の式場で式をあげることが融資の条件となっていたりします。

銀行の金利が5%から7%に対し式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

その中でもジャックスの「プレシャンテ」は金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額500万円と銀行よりも高額ですし、クレジット対応なので口コミ評価は上々です。

金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人ということで収入や雇用形態などは特に気にしなくても良いようです。

返済期間は6か月から最長7年の期間がありローン申込書や本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になるほかブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

又、オリコ以外にも他の貸金業者からの借金総額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンを借りる際に返済方法で悩む人は多いと思いますが

決して、ご祝儀を当てにしてはいけません。

仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度の赤字になるというパターンが多いようです。

招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

頑張って100人を招待できれば300万円集まってご祝儀で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうで残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。

ブライダルローンはその名のごとくブライダルに限った目的別ローンなので結婚に関する費用以外の使い道に利用してはいけません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや教育ローンなどと同じタイプのローンということになります。

ブライダルローンで許可されている使い道には挙式・披露宴や衣装のほかにも新婚旅行費や、新居への引っ越し費用や礼金敷金なども認められています。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明できる書類が必要不可欠となっている点です。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書が必要になり支払完了後には領収書や振込控えなどが必要になることもあります。

カードローンなどのキャッシングを利用している人はブライダルローンを申請する前に借入残高の確認をしなければなりません。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の半分を超える借入はできないため、事前に計算をしておくことが大切です。

銀行でも無制限に貸してくれるというわけではなく、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から追加で借り入れを希望するという場合は注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがすでにみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に制限されてしまいますのでご注意ください。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低いというメリットがある一方で、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

カードローンは借りたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは結婚に関連した使途以外には利用は認められません。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用、家具や家電の購入代金など色々とお金が入用となってきます。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますがブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンと言うローンを提供している金融機関はたくさんあるのですがどこを注意して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンというローンは資金の使途が限定されているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例えば楽天銀行だと、新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスだと、挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用も認めています。

ですから、ブライダルローンの選び方で大切なことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんが毎月の返済額などを考慮して無理のないプランを組めるローンを選ぶことをおすすめします。

ブライダルローンは結婚式のために融資を受けるという大義名分はあるのですがお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが大切です。

結婚式や披露宴にかかる費用だけでも300万円はくだらないと言われていますのでそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀の収入を当てにしていても結婚式は赤字になるのが一般的で、300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

だったら100万円のローンを組めばいいのでは?と思うかもしれませんが必ずしも赤字が100万におさまるとは限りませんのでご祝儀を当てにするのは危険です。