ブライダルローン審査が甘いという口コミって?

ブライダルローン審査が甘いということない

ブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式のほかにも新婚旅行や新居の購入費なども用途が認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が自営業の住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

普通、自営業の住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますので流石にすぐに用意できる金額ではありません。

そこでブライダルローンで借りたお金を自営業の住宅ローンの頭金の一部に回せば低金利でブライダルローンも住宅ローンも組むことができるのです。

ブライダルローンはその名のごとくブライダルに限った目的別ローンなので結婚に関する費用以外の使い道は認められていません。

使い道が限定されていることで金利を低くした目的別ローンでリフォームローンや教育ローンなどと同じタイプのローンということになります。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行旅費、新居に関する礼金敷金・賃貸料、家具家電の購入などがあります。

フリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

ブライダルローンというローンは結婚に限定して融資してくれるサービスで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

もし、結婚に関する資金を無利息で・・と考えているのだとしたら無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

消費者金融カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間がありますから結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息で借り入れることが可能です。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

通常のカードローンよりも金利が低くというメリットがありますが、カードローンよりも手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンは借りたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますがブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?ブライダルローンは利用目的が限られているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れは不可とされていますしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ブライダルローンの選び方で重要なことはローンの使途の範囲がどこまでなのかということです。

低金利かつ融資限度額が大きいことに超したことはないのですが毎月の返済額などを考慮して無理のないプランを組めるローンを選ぶことをおすすめします。

ブライダルローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ商品ですから審査に通らなければいけません。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴として年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

また、過去に滞納履歴や債務整理の経歴があったり複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが信用情報自体が記録されていないので落とされる可能性はあります。

ブライダルローンで一番人気なのは

ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴でいくらくらいかけるのが相場なのでしょうか?全国的にみて一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の15.1%を占めており次点で400万円から500万円(12.4%)、その次が350万円から400万円(10.9%)となっています。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲が相場のようです。

結婚に必要な費用は挙式や披露宴のほかにも新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス20から30万円多くなることを想定しておきましょう。

ブライダルローンは結婚費用に限定した目的別ローンなので結婚に関する費用以外の使い道に利用してはいけません。

使い道が限られている目的別ローンとなっており医療ローンや教育ローンなどと同じ種類と言えます。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行旅費、新居に関する礼金敷金・賃貸料、家具家電の購入などがあります。

フリーローンと何が違うのかというと使い道を証明できる書類が必要不可欠となっている点です。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後には領収書や振込控えなどの写しを提出を求められる場合もあります。

ブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式や披露宴以外にも新婚旅行や新居の購入や賃貸費用にも用途が認められています。

家を購入することになった場合、大多数の人が自営業の住宅ローンを組むと思いますが頭金があるとないとでは、審査に通りやすくなる度合が変わってきます。

一般的に自営業の住宅ローンの頭金は多いほど良いとされていて物件価格の2割から3割用意しておくのが理想的と言われています。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますのでとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで融資を受けたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利で融資を受けることが可能となります。

ブライダルローンは低金利なのがメリットの1つですがキャッシングローンには変わりがないので返済期間が長いほど利息は多くなります。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長引くほど利息が多くなってしまいますので返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができます。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済することをお勧めします。

ご祝儀では賄いきれない場合は返済シミュレーションをしっかりし、着実に返済していきましょう。

ご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょう。

仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度の赤字になってしまうのがほとんどのようです。

1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待者が70人だと、ご祝儀の総額は210万円で90万円の赤字になってしまいます。

どうにかして100人を招待することができればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀を使って一括返済できたという人は全体の45%ほどで残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンを利用する前に融資残高の確認が必要です。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から追加で借り入れを希望するという場合は注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンでは300万円まで借りられるのですが1人当たりの貸付総額が500万円のため、すでに楽天スーパーローンを300万円借りているという人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行で無担保ローンを利用している人はブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。