ブライダルローン審査甘いは無人契約機でもOK?

ブライダルローンというものは

結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスで一般的なカードローンと比較すると低金利で融資を受けることができます。

一部の銀行カードローンや消費者金融には無利息期間が設けられていたりしますがブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているので結婚式のご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息のブライダルローンというわけです。

消費者金融のカードローンは金利が高いと言われていますが無利息期間内に完済できるものであれば、どれだけ金利が高くても関係ありません。

ブライダル資金と言うと結婚式や結婚指輪など100万から500万程度のお金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円程度の資金が必要になります。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルは高くなっています。

審査の重要なポイントになるのは借主に返済能力があるかないかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他、源泉徴収票や収入を証明する書類なども求められます。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。

総量規制とは収入の三分の一を超える融資を禁止にした規制であり、主に消費者金融などに適用されます。

結婚式は250万円から350万円かかりますから総量規制を考えると年収が750万円から1
050万円必要になります。

これから結婚式を挙げようとする若い人はそんな高収入はないでしょうし、一生式が挙げられないんじゃ…と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外となります。

但し、クレジットカードのキャッシングで借金をすると貸金業法が適用されますから総量規制の対象となります。

楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており毎月の返済額は1万円からOKとなっています。

楽天銀行から融資を受ける際に気を付けることは楽天銀行の最大融資額は1人あたり500万円までという点です。

仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合はブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

申込には本人確認書類、収入証明書などが必要となるほか、融資実行後は領収書や振込控の写しなど支払が確認できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

みずほ銀行にはブライダルローンというローンは用意されていないのですが最大融資金額が300万円、最長返済期間が7年というもので多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%で、さらに低金利な変動金利も選ぶことができます。

さらに年0.1%の金利引き下げを受けられます。

勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上で前年度税込年収(個人事業主の場合は申告所得)が200万円以上となっています。

ブライダルローンは結婚式のために借りるという大義名分はありますが借金に変わりないので、事前にシミュレーションをすることが重要です。

結婚式費用だけでも300万円が相場なのでそこから月々の返済額や借入金利をシミュレーションしてみます。

借入金が300万円でボーナス払いナシ、金利7.0%、毎月4万円で計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので300万円ほどの結婚式で100万円くらいは赤字となるようですそこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。

ブライダル専門のローンを用意している銀行もありますが

大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は式場と提携している場合が多く、指定の式場で挙式をあげることが融資条件となっていることが多いです。

銀行の金利が5%から7%に対し式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社の中にも銀行同様に低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額は500万円と銀行よりも高額で、しかもクレジット対応なので口コミ評価は良いようです。

クレジットカード会社のオリコのブライダルプラン(ブライダルローン)は貸付利率は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円となっています。

申込資格は満20歳以上であることと、安定した収入がある人としか規定されていないので収入や雇用形態、勤続年数などの条件は厳しくありません。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、オリコでの借入れ額の合計が50万円を超えてしまう場合は所得証明書類の提出が求められます。

また、オリコからの借入れ総額に加え、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超えてしまう場合も前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

決して、ご祝儀を当てにして返済プランを組んではいけません。

例えば1人あたり3万円のご祝儀をくれたとしても招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

しかし、何とか頑張って100人を招待することができればギリギリ300万円集まりますから、完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうで残りの55%は一括返済できなかったことになりますから、ご祝儀での一括返済は容易ではありません。

ブライダルローンとカードローンはローンを組んで借りると言う点では共通していますが実は両者には大きな違いが何点もありますので注意が必要です。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンというものは、銀行や消費者金融業者がサービスを提供しているフリーローンです。

貸出金利も大幅に違っていて、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンは3.0%から18.0%と高金利に設定されています。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

ブライダルローンは結婚式のために融資を受けるという大義名分はあるのですが金融機関からお金を借り入れることに変わりないので、あらかじめシミュレーションをすることがとても重要です。

結婚式費用だけでも300万円が相場なのでそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数が100回になり、支払期間が8年3か月にもなるのです。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので300万円ほどの結婚式で100万円くらいは赤字となるようですそうなると、ご祝儀目当てで100万円のローンを組めばいいと考えがちですが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。

結婚資金と言うと挙式や披露宴など数百万円単位の大金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円程度は必要となってくるでしょう。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから普通のカードローンと比較して審査の基準はかなり高く厳しいものになります。

審査の重要なポイントになるのは借主に返済能力があるかないかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他、源泉徴収票や収入を証明する書類なども求められます。

基本的にブライダルローンでは保証人は必要ありませんが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。