ブライダルローン審査の甘いの真相って?

ブライダルローンで融資実行

ブライダルローンは結婚にまつわる費用を融資してくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常カードローンは借りたお金の使途は自由ですが、ブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

結婚資金を貯めてから結婚を考えるという方も多いと思いますが、金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで一般的なカードローンと比較すると低金利で融資を受けることができます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、ブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

消費者金融のカードローンであれば、初回利用者は約30日の無利息期間が設けられていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息のブライダルローンというわけです。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に返済できてしまう場合、金利が高くても関係ありませんね。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用される規制です。

結婚式は250万円から350万円かかりますから総量規制を考えると年収が750万円から1
050万円必要になります。

これから結婚式を挙げようとする若い人はそんな高収入はないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は、借りられないのではと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外となります。

ただし、クレジットカードのキャッシングは貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

ローンを組むに当たりキャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む以前にまずは借入残高を確認しましょう。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、すでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、いくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

相場の平均は調査した専門誌などによって多少のばらつきがありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行費や、新居にかかるお金などプラス100万円以上かかることを覚悟しておきましょう。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

ブライダルローンの必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態といった勤務状況を融資条件にしている所も多く勤務先や勤務形態などが記載された勤務証明書が必要になる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場などの請求書や見積書も必要です。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローンの対象外になることがありますので、事前に確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して代金を支払った式場代などの領収書や振込控えなどはコピーをとって融資を受けた金融機関に提出することも必要です。

ブライダルローンで3万円を借りる

ブライダルローンの返済方法に悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

300万円かかった結婚式を、ご祝儀で全額回収することは厳しいといわれており100万円程度の赤字になるというパターンが多いようです。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待者数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ということになりますので、90万円の赤字になります。

頑張って100人招待できれば実際にブライダルローンをご祝儀を使って一括返済できたという人は全体の45%ほどで残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。

ブライダルローンはその名のごとくブライダルに限った目的別ローンなので結婚関連以外の使い道は認められていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや教育ローンなどと同じタイプのローンということになります。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行費や、新居の引っ越し代・礼金敷金、家具家電の購入費用などが認められています。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

結婚資金と言うと挙式や披露宴など数百万円単位の大金が必要になります。

お式以外にも新婚旅行や新居の入居費用など式以外にも百万程度はかかることが考えられます。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通らなければ借り入れることはできません。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴を紹介すると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満、非正規雇用などがあげられます。

また、過去に滞納履歴や自己破産歴があったり、複数から借り入れがある人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますがブライダルローンは目的別ローンなので無利息サービスはありません。

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますから結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息で借り入れることが可能です。

消費者金融のカードローンは金利が高いと言われていますが無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

ブライダルローンは結婚関連の出費のみ利用可能という制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が自営業の住宅ローンを組むと思いますが頭金があるとないとでは、審査に通りやすくなる度合が変わってきます。

自営業の住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと言われていて物件価格の2割から3割程度、用意しておくことができれば安心です。

この計算に基づくと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円となりますのでとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

そこでブライダルローンの登場です。

ブライダルローンで借りたお金を自営業の住宅ローンの頭金に回すことで低金利でローンを組むことができるのです。