新規カードローン審査って必ず在籍確認ある?

貸金業にかかわる法改正により1社から50万以上または複数社より100万以上、お金を借りる場合は年収金額を証明することが義務付けられていますが、裏を返せばそれに満たなければ年収証明が必要ないという解釈もできます。
ですが、それより小額でも年収を証明するものがあるほうが望ましいとは考えられるでしょう。
融資のための審査は超スピーディになっていますが、だからといって審査なしで借りようというのは無理だと思います。
大手はもちろん中堅どころでも審査はありますし、無審査でお金を貸すような会社は背後に違法な組織があったり、法外な金利を設定している危険性があります。
もし審査にこだわるのなら、審査基準が低い会社に申し込むのも手だと思います。
カードローンなら楽天が審査が通りやすいという評判です。
著名な会社なのに貸金業では新参だからかもしれません。
大手企業がバックにあるので安心ですし、トライしてみる価値はあるのではないでしょうか。
新規でカードローンの申込を行うと、審査の過程で勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。
必ずしも全員にかけるわけではないようですが、もしかかってきて会社の人に知られるとなると、どうも気分の良いものではないですね。
そのように考えている人は少なくないようで、在籍確認の電話なしで審査を済ませてくれるカード会社も最近は出てきています。
業界でも老舗の部類に入る大手業者や銀行系も対応を始めており、在籍確認しないでほしいという申し入れをすると、会社や組合の名前が入った保険証などで済ませられるようです。
自分の場合は何が必要なのか問い合わせてみると良いと思います。
乗り換えローンに関する銀行の説明では、今利用している消費者金融から借り換えをすれば、現在よりも返済額が減って毎月の返済が軽くなると言いますよね。
とどのつまり、消費者金融はその用途には関係なく容易にお金を借り入れできることから、高金利となっているのでしょうか?